斜里地区消防組合管轄区域図

※管轄区域図をクリックすると拡大表示されます。

組合現況

斜里町勢

 ①  位置および面積     
    
 面   積  位        置   広  ぼ  う    海岸線 
 東   経 北   緯  東   西 南   北
737.12㎢ 自 144°33′ 自 43°44′ 52.9㎞ 72.7㎞ 100㎞
至 145°22′ 自 44°21′
  
 地   勢
  
    斜里町は、南東に千島火山帯をもって根室、目梨郡に境し、南は川上6号を経て斜里岳に至り清里町に、西はトーツル沼西側7線を以て小清水町に隣し、北は海岸線100㎞におよび弓状三角形をなしている。
  山々よりオホーツク海に注ぐ河川は、斜里川をはじめ30条余に及び、その流域の地味は肥沃であり、農業に適している。漁業は古く(安永4年)から、サケ、マスを主流としての漁業の進展はめざましく、また、知床国立公園は、平成17年7月17日に世界自然遺産となり脚光をあびている。
 

小清水町勢

 ①  位置および面積     
    
 面   積  位        置   広  ぼ  う    海岸線 
 東   経 北   緯  東   西 南   北
287.04㎢ 自 144°20′ 自 43°40′ 18.3㎞ 30.4㎞ 15.8㎞
至 145°33′ 自 43°57′
  
 地   勢
  
    小清水町は、南界を北見山地が形成する南部山岳地帯から北部はオホーツク海に面して低下し、東西に起伏した丘陵に沿って止別川・浦士別川が流れており、東西にやや波状形をなしている。
  南部山岳地帯は国有林の深山であり平地は、いずれも農耕地に適しており、ビート、馬鈴薯、人参等の農作物と牧畜・酪農もまた非常に盛んであり、また網走国定公園内のオホーツク海に面し小清水原生花園がある。
 

清里町勢

 ①  位置および面積     
    
 面   積  位        置   広  ぼ  う    海岸線 
 東   経 北   緯  東   西 南   北
402.73㎢ 自 144°29′ 自 43°46′ 21.0㎞ 32.0㎞ 0㎞
至 144°44′ 自 43°53′
  
 地   勢
  
    清里町はオホーツク総合振興局管内の南東に位置し、東は斜里岳頂上よりサマツケヌプリ山、標津岳頂上を経て分水嶺を南進摩周湖に達し、根室振興局管内中標津町と、北6号を基点として、15線30号より分水嶺を南進摩周湖に達し小清水町と、南は釧路総合振興局管内弟子屈町に隣接している。
  土地は概ね斜里川及びウエンベツ川流域が平坦で沃野が拓け、東部斜里岳及び江鳶山麗並びにウエンベツ川、西部は高台で地味は肥沃でありいずれも農耕に適し、ビート・馬鈴薯・麦類等が耕作されている。南部は札弦地区から緑地区と山峡帯状にのびており、農耕とともに酪農も盛んである。
 

斜里地区消防組合消防本部 

北海道斜里郡斜里町本町14番地3
TEL:0152-23-2435 / FAX:0152-23-2494

Copyright© 2011 SHARI FIRE DEPARTMENT All rights reserved.